サボさん夫婦のグローカルLIFE

子育ても仕事も "頑張る" あなたを応援するブログ

死者の日 ~骸骨だらけのお祭りメキシコ版ハロウィン&お盆~

f:id:sabo-san:20180919222129p:plain



こんにちは!

sabo-sanです!

 

今回はメキシコの「死者の日」について紹介していきます。

 

一言で言うと、「死んだ人と楽しく過ごす日」、それが死者の日です。

 

メキシコと言えば、サボテン、でかい帽子(ソンブレロ)、タコス、太陽、そんなイメージをお持ちだと思いますが、「死者の日」という特別な文化があり、冒頭のイメージような頭蓋骨を華やかに飾ったものは、メキシコ独特のものです。

この頭蓋骨を見てメキシコをイメージされる方もいるのではないでしょうか。

 

メキシコでは、死者の日が近くなるとこのような骸骨が町中に飾られます。

f:id:sabo-san:20180920213814j:plain

 

死者の日とは?

f:id:sabo-san:20180920213720j:plain

スペイン語では Dia de los muertos (ディア デ ロス ムエルトス)

英語では Day of the dead です。

 

日本で言うとお盆に近い風習だと言われています。亡くなった方と共に楽しく過ごす。そんなイベントです。

 

死者の日は、10月31日~11月2日に行われる先祖を敬う日であり、メキシコで伝統的に祝われてきています。主にメキシコで行われていますが、メキシコ系アメリカ人の多い米国のコミュニティでも行われています。

 

メキシコでの死者の日の起源はアステカやマヤの時代まで遡るとされています。太古の昔から先祖を敬う儀式は行われており、その名残が現代まで残っている形になっています。

 

元々は8月から9月に行われていたのですが、15世紀にスペインからの入植者が現地のインディアンの異教の習慣に恐怖を感じ、カトリックへ改宗させ、この習慣をキリスト教カトリックのハロウィンのすぐあとに変更させ、現在の死者の日を作り、時期もハロウィンのすぐあとの11月頭に行うようにしたそうです。

 

死者の日の街の様子

死者の日当日、街は骸骨一色になります。

街の至る所に骸骨の置物や人形が飾られます。

町中に死んだ人が溢れ、一緒に楽しく過ごす。死んでしまった人たちをとても身近に感じる雰囲気があります。

f:id:sabo-san:20180920213745j:plain

広場はには大きな骸骨などが飾られる

f:id:sabo-san:20180920214451j:plain

建物の2階から大きな骸骨が楽しそうに街を見下ろす


建物の中にも大々的に骸骨の飾りつけをする所も多いです。

オレンジ色のものはマリーゴールド

独特の香りが死者を街に呼び戻すとされているそうです。

f:id:sabo-san:20180920213729j:plain

亡くなった有名人と共に飾り付けられた大広間

f:id:sabo-san:20180920213713j:plain

死んだ人によるライブでしょうか

f:id:sabo-san:20180920213707j:plain

死んでも音楽を楽しみます

f:id:sabo-san:20180920213741j:plain

観客ももちろん死んでます

f:id:sabo-san:20180920213654j:plain

メキシコ人は死んでも踊っているのです

 

写真がないのですが、死者の日当日のお墓にはものすごい人が集まります。

お墓も同じように飾ったり、キャンドルをたくさん点けたり、亡くなった家族に寄り添って過ごす人たちもとても多いです。

また、骸骨のペイントを顔にして街を歩く人たちもいます。

 

まさに街は、生きている人と死んだ人で溢れかえっています。

 

死者の日グッズ

死者の日が近づくと、スーパーなどでも死者の日に関するグッズが売られるようになります。みんなが待ちに待った死者の日が近づいてきた雰囲気も楽しいものです。

 

私の大好きなビールのおまけも骸骨でした。ビールの栓も骸骨です。

このボトルめっちゃかわいかった!

f:id:sabo-san:20180920214125j:plain

ビールのおまけのコースター

f:id:sabo-san:20180920213802j:plain

謎の骸骨

f:id:sabo-san:20180920213756j:plain

骸骨のコップ

死者のパン

死者の日の食べ物と言えば、死者のパンです。

通常のパンに骨が乗っているような形をしています。地域によって様々な形があるそうですが、私が見た中ではこの形が一番オーソドックスだと思います。

f:id:sabo-san:20180920213807j:plain

死者のパン

パンの生地にはオレンジやレモンのエッセンスを入れていることが多く、ほのかに柑橘系の風味がします。パンのまわりには砂糖がついており、甘くておいしいです。

私の会社では死者の日の夕方、会社から従業員全員に死者のパンが振る舞われていました。私も同僚と一緒に楽しく死者のパンを食べていました。

 

死者と楽しく過ごす

死んでしまった人をこのように楽しく飾り付けて、その時間を楽しむメキシコの文化。

 

日本のお盆にも似ていますが、お国柄がはっきり現れており、とにかく派手、楽しく過ごすのがメキシコ流。

 

死んでしまった愛する人たちはいつもそばにいる。

そしてあの世でも楽しく暮らしている。そんな感覚になれるのが死者の日です。

 

死んでしまった人って絶対に会うことはできないけど、いつもどこかにいて自分たちを見守ってくれている感覚があります。どこの人も同じように死んだ人を身近に感じて、支えられながら今を生きているんですね。

 

この時期、メキシコに行くことがあれば、是非メキシコでしか味わうことのできない「死者の日」を楽しんでみて下さい♪